もしものときも安心!

ビックビークル浜松レンタカーなら、万が一のときにも適切な対応、補償制度が整っていますので、安心してレンタカーをご利用頂けます。
「レンタカーを借りるのは初めて」という方も、不安な点やご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

保険補償制度について

保険補償額

ビックビークル浜松レンタカーをご利用の際は、自賠責保険以外に下記内容の任意保険が自動付加されます。

  補償額 免責額
対人 1名限度額 無制限 無し
対物 1事故限度額 無制限 50,000円
車両 時価
  • 下記以外の車両
    50,000円
  • 2t以上のトラック、ダブルキャブ
    70,000円
  • アルミバン、マイクロバス、架装車
    100,000円
搭乗者
傷害
死亡 2,000万円
(1名につき)
 
後遺障害 程度により2,000万円を限度とします。
(1名につき)
入院 7,500円 (1日につき)
※事故発生日から180日を限度とします。
通院 5,000円 (1日につき)
※事故発生日から180日を限度とします。
万一事故の際に自己負担しなければならない「免責額」が不安・・・・という方に!

免責補償制度 (CDW)

万一事故の際にお客様にご負担頂く対物・車両補償の免責額のお支払が免除される制度です。
※ 「シートベルト着用」を条件とします。

加入料 (1日につき) 1,080円(税込)/日
ご加入されると免責額負担が¥0に!
  • レンタル期間途中の加入、解約はできません。
  • 15日以上1ヶ月以内の貸渡契約については15日分の加入料とし、補償は貸渡契約期間とします。
  • アルミバンの架装荷室部分は、車両補償の適用範囲内に含まれますが、免責補償制度については対象外となります(架装荷室部分以外は免責補償制度の適用範囲です)。

車両の修理・清掃等が必要となった場合 (お客様のご負担について)

ノンオペレーションチャージ(NOC)

万一当社の責任によらない事故・盗難・故障・汚損等が発生し、車両の修理・清掃等が必要となった場合、その期間中の「営業補償」の一部として下記金額をご負担いただきます。
(車内装備の損害、シートの焦げ穴等もNOCの対象となります)

自走してビックビークル浜松レンタカーに返還された場合 20,000円
自走不可能な場合 50,000円

レッカー代等

レッカー代等車両移送費(当社指定工場まで)は、お客様のご負担となります。

保険補償制度が適用できないケース

1. 事故時に警察及び当社への連絡など所定の手続きが無かった場合
2. 貸渡約款に違反している場合 ○迷惑(違法)駐車に起因した損害 ○飲酒及び酒気帯び運転 ○薬物使用 ○無断延長 ○契約書記載の運転者及び副運転者以外の運転 ○又貸し ○無免許運転(運転免許停止期間中や運転できる自動車の種類に違反している場合を含む) ○無断で示談した場合 ○各種テスト・競技に使用し、又は他者のけん引・後押しに使用した場合 ○その他、レンタル約款(貸渡約款)に定める免責事項に該当する事故 等
3. 当社が締結する損害保険の保険約款の免責事項に該当する場合 ○故意による事故 ○クレーン車両のクレーン本体の損傷(アウトリガーを含む) ○パンクやタイヤの損傷 ○ホイールキャップの紛失・破損 ○鍵の紛失 ○パンク応急修理キット代 ○お客様の所有、使用、管理する財物の損害 等
4. 使用、管理上の落ち度があった場合 ○キーをつけたまま、又は施錠しないで駐車し盗難にあった場合 ○使用方法が劣悪なために生じた車体等の損傷や腐食の補修費 ○車内装備の汚損 ○装備品の紛失 ○タイヤチェーン・キャリア・チャイルドシートの取付及び、装着不備による損害 ○海岸、河川敷又は林間等車道以外で走行した場合の車両損害(維持・管理された道路以外での事故) ○給油時の燃料種別の間違いにより生じた補修費 ○クレーンや高所作業車等の有資格者以外の方の操作により生じた損害 等

貸渡約款 [PDF 1.26MB]

上記、保険補償制度が適用されない損害、又補償の限度額を超えた損害については、お客様の実質負担となります。

相手不明の当て逃げ・車上荒らしによる損害・ガラスへの飛び石について補償制度の適用を受ける為には、警察への届出が必要です。

ご利用・ご返却時の注意事項については『ご利用の流れ』をご覧下さい。
レンタカーご利用の流れ

駐車違反違約金について

万一、放置駐車違反の確認標章が取り付けられたら・・・

  1. すみやかに管轄の警察署に出頭し、所定の手続きを完了してください。
  2. 指定の金融機関で反則金の納付を完了してください。
  3. ご返却時に「交通反則告知書」及び領収日時のある「納付書・領収証書等」の書類を確認させていただきます。

「交通反則告知書」及び「納付書・領収証書等」をご提示いただけない場合(反則金の納付が確認できない場合)は、下記の違約金をお支払いいただきますのでご注意ください。

車種別違約金額と運転免許区分
  • 後日反側金を納付し、「交通反則告知書」及び「納付書・領収書等をご提示いただければ違約金をご返金させて頂きます。ご返金につきましては指定口座へのお振込となり、振込手数料はお客様のご負担となります。
  • 反則金納付の確認がとれない場合及び違約金のお支払いをされなかった場合は、(社)全国レンタカー協会のシステムへ登録されますので、同協会に加盟するレンタカー会社は、該当のお客様への以後のレンタカー利用をお断りする場合がございます。

事故・故障について

もしも事故・故障が発生したら・・・

事故の場合 1. 負傷者の救護
2. 警察への通報
3. 相手の確認
その後 24時間受付センターへご連絡ください。
(オリックス自動車SS24受付センター)
0120-024-123
故障の場合 車両に故障や不具合を生じた場合は、直ちに運行を中止してください。

もしものときも安心のレンタカーサービスを。浜松でレンタカーをお探しなら、ぜひビックビークル浜松レンタカーへ!

レンタカー車種別ご利用料金はこちら!